ごあいさつ

トップ 学校案内

ごあいさつ

清恵会医療専門学院は、社会医療法人清恵会が掲げる医療の理念を、
その母体である清恵会病院で、実践できる優秀な医療人を自ら育成するために開設されました。
1975年に看護師育成コースを、1977年には理学療法士と放射線技師の育成コースを清恵会第二医療専門学院として開設し、輝かしい伝統のもと、多くの卒業生が巣立っています。
卒業生は、清恵会病院はもとより、全国各地の医療機関や福祉関連の部門で高い評価を受けて活躍しています。
貴方がたが就職した先では、先輩が暖かく迎えてくれることでしょう。
何よりも本学院が誇るのは、各科に共通する高い国家試験合格率であり、また大学に比べ経済的な優位性です。
今、医療の世界は高齢化社会を迎え、医療に対する期待はますます高まり、その内容は多様化し、高度化し、かつ複雑化しています。
そのために、高い技術、知識、人間性に優れた医療人が強く求められています。
また、医師、薬剤師のみならず看護師、理学療法士、放射線技師などの医療専門職種への期待は増加をたどっています。
本学院は、これらの要求に応えるべく、専門職としてのより確実で高度な新しい知識・技術の伝授を行うとともに、豊かな人間性を育む教育を目指しています。そのために、優れた教育スタッフがきめ細かな教育を実践しています。
少人数の定員、小グループによる行き届いた教育指導を行っており、これが大学を凌ぐ非常に高い国家試験合格率につながっています。
何よりも、母体の清恵会病院との密な連携による実習重視の教育により、技術面においても自信をもって就職に臨むことが可能です。
更に学院で学んだ医療の理念を生かす為に、同じ理念を共有する臨床現場を提供できる清恵会病院グループが、卒業後の職場として多くの先輩と共に皆さんを暖かく受け入れています。
医療の世界で、ひとの健康のために尽くすことを職業としたい、
心の優しい皆さんの入学を待っています。

看護学科 教務部長

辻原 晶子

看護学科

看護の専門性と実践力をもつ人材の育成
本校の教育理念は「豊かな人間形成に努め、専門の知識・技術を自ら学び続け、社会の変化に対応できる看護専門職を育成する」ことです。
看護師はあらゆる健康段階にあるすべての人々を対象とするため、1人ひとリと真摯に向き合い、常に相手の立場になって考えることのできる竪かな心と感性をもち、人々の健康を願い、その人らしい生活を 一緒に考え、支えることのできる看護師に育ってほしいと日々願っています。
そのためには、社会の動向に常に関心を向け、専門の知識と技術を身につけ、どのような場所にいても活躍できる看護実践力を育成するため、教員も日々努力しています。
今、看護師が活躍するフィールドは広がり、専門性をもって活躍する看護師が増えています。病院や施設、在宅で療養生活を支える看護師、地域社会や国外、または災害現場で活躍する看護師、看護のスペシャリストなど…皆さんは、5年後、10年後、どのような場所でどんな看護師として活躍しているでしょうか。
自分の目標をしっかりと持ち、夢の実現に向かつで一緒に頑張りましょう。
3年間は決してたやすくないです。
辛い事や苦しくて心が折れそうなこともあるかもしれません。
しかし、人との出会いは自分を成長させてくれます。
また、共に学ぶ仲間の存在は大きく、仲間の励ましや教員、看護師の先輩方があなたを支えてくれることでしょう。
来春、皆さんと看護や夢を語りあい、共に学べることを心より楽しみしています。

理学療法士科 教務部長

射場 一寛

理学療法士科

これからの社会に貢献できる、
「臨床」に強い理学療法士へ
日本は 高齢化と人口減少が進み、現在の我が国の総人口に占める65歳人口の割合(高齢化率) は27.7%です。
2025年に向けて、病院のベッド数は20万床が削減される方向で進み、施設から地域へ、医療から介護への流れで進んでいます。
理学療法士が有する専門性の必要性は高まる一方で、総合力の高い理学療法士が必要になってきています。痛みや内臓疾悪など様々な症状を抱えている思者様に対し、病院ではなく、在宅で対応できる力が必要だということです。
理学療法土は、再び自分らしく生きがいを持って生活が営まれるように、 治療・支援する専門職ですが、ここ最近は命に関わる場面も掴えました。
病院でのICU病棟での治療、あるいは、在宅医療・介護での終末期も含めて、命に直面した状況 で患者様に関わることが増えてきています。
また、高齢者の健康をどのように維持していくのかということにも、しっかリ寄与していく必要があります。
したがいまして、そのような分野に対しても、理学療法士の持つ運動に対する専門的な 知識・技術を用いて、対応していかなければなりません。
そのような人材を育成していくために必要なことは、「臨床」を強化していくことです。つまり、学生達が常に患者様をみることができる、触れることができる環境が重要です。
当学院はそのような学習環境にあることが強みであり、今後、更に関連施設との連携を深めていく予定ですので、多くの臨床経験を積み、高い 臨床能力を身につけることができると考えています。
また、20名定員の少人数制であることで、学生個々の能力を引き出す個別指導が可能となっていることも大きな強みです。 Al時代において、この分野の仕事が無くなる事はないといわれています。
私達と一緒に、総合力の高い理学療法士を目指しましょう。

放射線技師科 教務副科長

佐藤 宏明

放射線技師科

少人数制だからこそ
可能なキメ細やかな指導!
医療現場における放射線診断領域は、進歩し続ける医療技術の最前線の場でもあります。そんな臨床現場で働く診 療放射線技師には、高度な知識と技術に加え、医療人としての犠かな教養と人間性が強く求められます。
当学院は、1クラス30名という少人数制だからこそ出来るキメ細やかな指導を大きな特徴とし、専門学校としての独自性を最大限生かした診療放射線技師教育に日々力を注いでおります。また、最短で診療放射線技師の国家資格が取得可能な3年次コース(昼間部)、様々な社会経験・人生経験を有する学生が集い、クラスそのものが学びの場と なり得る4年次コース(夜間部)、この多様なニーズにも応えたコース設置も大きな特徴となっております。
診療放射線技師として経験豊かな専任教員や、第一線で活躍中の多数の外部非常勤講師に加えて、清恵会病院との連携による実践的なサポート、この最高の布陣は、学年を重ねるごとに最強な布陣へと変わり、キメ細やかな指導 と相まって、国家試験高合格率、高就職率へと導くことを可能としております。
医療の最前線での活躍を夢見る皆さん、清恵会であなたの夢を実現させてみませんか。