清恵会医療専門学院・清恵会第二医療専門学院は堺市にある看護学科、理学療法士科、放射線技師科の医療専門学校です

清恵会医療専門学院

清恵会医療専門学院インスタグラム  清恵会医療専門学院YOUTUBE

お問い合わせ

理学療法士科【昼間部3年】

清恵会第二医療専門学院

理学療法士は「赤ちゃん」から「お年寄り」まで病気やケガの回復を捉し、その人らしさ、生き甲斐のある人生を送れるように医学的サポートをしています。活躍の場は病院や施設、スポーツ現場や教育・研究分野など多岐に渡ります。本校では、臨床現場で即戦力となれる優秀な理学療法士の育成を目指しています。

【教育理念】

 高齢化社会を迎え、医療に対する期待はますます高まり、その内容は多様化・高度化し、かつ複雑化している。そのため、医療専門職種への期待は増加し、高い知識・技術、人間性に優れた医療人が強く求められている。
本学院はこれらの要求に応えるべく、専門職としてのより確実で高度な知識・技術の伝授を行うとともに、豊かな人間性を育む教育を実践する。

【教育目標】

  • 心の通った保健・医療サービスを提供できる人材を育成する。
  • 保健・医療・福祉の連携を図り、社会のニーズに対応できる人材を育成する。
  • 関連病院での実習を多く取り入れ、臨床問題解決能力の高い人材を育成する。
  • 最新の高度な知識、技術の研鑽と質の高い臨床を実践できる人材を育成する。

取得可能な資格

理学療法士国家試験受験資格

国家試験過去5年間平均合格率

100%

全国平均 84.3%

理学療法士科の特徴

  • 個性を活かす「少人数制教育」
  • スペシャリストを育てる「伝統と経験」
  • 実績が生む「高い国家試験合格率」

リハビリテーション

教育評価機構

認定校
理学療法士認定賞状

就職率

100

求人数 2,380人(過去5年間平均)

1期生~40期生 免許取得率

99.9%

定員20名
教 員
理学療法士科 松山 紘彰 先生
理学療法士科 教員写真

大切なことは患者様と向き合う心を育てること、知識や技術を研鑚できる土台を築くことです

「もしも、自分もしくは自分の家族が病気や怪我をした時に、どんな理学療法士に担当してほしいですか?知識・技術に優れている理学療法士ですか?心に寄り添える理学療法士ですか?」

少し意地悪な質問ですね。理想は当然、「知識・技術、そして心に寄り添える理学療法士」です。しかし、大学や専門学校を卒業してすぐに、臨床で何年も患者様と向き合ってきた理学療法士と同等の知識・技術を備えることができるでしょうか?・・・答えはNoです。

当校は臨床現場で即戦力となれる人材育成を目指していますが、それは、一人で患者様を治療できるようになるということではありません。臨床で必要となる基本的な知識と技術を身につけることは勿論ですが、大切なことは患者様と向き合う心を育てること、知識や技術を研鑚できる土台を築くことです。これらを備えることで、理学療法士として1歩1歩成長する準備ができ、臨床で経験を積み重ねることで、一人前の理学療法士になれると考えます。

卒業した時にこれらを身につけておくことは重要であり、だからこそ、理学療法士になるための「学校選び」は重要です。当校は1学年20名という少人数制であるからこそできる教育があります。それは学生の個性を把握し、その個性に合った指導を可能にします。

それに加え、同法人に清恵会病院と清恵会三宝病院という2つの病院があり、より実践的な学習環境が整っています。理学療法士としての第1歩を当校から踏み出してみませんか?卒業した後にきっと、本校を卒業して良かったと実感できると思います。

理学療法士科の授業科目と学校生活

  • 1年
    • 入学式(4月)
    • 新入生合同レクリエーション(5月)
    • ソフトボール大会(5月)
    • 超早期実習(5月)
    • 消防訓練(10月)
    • リハビリテーションセンター見学(3月)

    学びのステップ

    躾教育として、社会人・医療人としての言葉遣いや行動におけるマナーを身につける。
    解剖学、生理学、病理学などの基礎医学を縦割りの授業とは別に横につなげる授業を行い、臨床に応用できる知識を育成する。
    入学して1~2ヵ月後に関連病院において超早期臨床基礎実習を実施し、学習目標を明確にする。

    1年次 カリキュラム

    基礎分野 科学的思考の基盤
    人間と生活
    社会の理解
    基礎演習
    心理学
    人間関係論
    社会福祉学
    倫理学
    物理学
    生化学
    生物学
    英語学
    医学英語
    専門基礎分野 人体の構造と機能及び
    心身の発達
    形態機能学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
    機能解剖学Ⅰ・Ⅱ
    運動学Ⅰ・Ⅱ
    人間発達学
    疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 病理学概論
    一般臨床医学
    内科学
    整形外科学
    精神医学
    小児科学
    保健医療福祉と
    リハビリテーションの理念
    リハビリテーション概論
    保健医療福祉概論
    専門分野 基礎理学療法学 基礎理学療法学Ⅰ・Ⅱ
    理学療法管理学 理学療法管理学Ⅰ
    理学療法評価学 検査・測定学Ⅰ
    理学療法評価学Ⅰ
    理学療法治療学 運動療法学Ⅰ
    物理療法学
    日常生活活動学Ⅰ
    臨床実習 臨床実習Ⅰ
  • 2年
    • ソフトボール大会(5月)
    • 献体解剖実習(5月・6月)
    • オープンキャンパス(7・8月)
    • 校外学習(エイジレスセンター)(9月)
    • 法人内実習(10月・12月)

    学びのステップ

    1年間を通して定期的に、関連病院で患者様の協力をいただき理学療法評価実習を実施。この実習では、患者様とのコミュニケーションや検査・測定技術を経験し、基礎医学の臨床的応用を学ぶ。
    学内講義では臨床的課題をグループ学習やディスカッションをしながら問題解決していく問題立脚型学習(PBL)を積極的に取り入れ、問題解決思考を高める。
    最新の評価機器を用いて研究課題に取り組み、実践的能力を習得する。

    2年次 カリキュラム

    専門基礎分野 疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 臨床心理学
    臨床薬学
    臨床神経学
    リハビリテーション医学
    痛みの症候学
    臨床栄養学
    専門分野 基礎理学療法学 理学療法研究法
    病態運動学Ⅰ
    理学療法評価学 検査・測定学Ⅱ・Ⅲ
    理学療法評価学Ⅱ・Ⅲ
    理学療法治療学 運動療法学Ⅱ
    義肢装具学
    日常生活活動学Ⅱ
    理学療法学治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
    地域理学療法学 生活環境学Ⅰ
    地域理学療法学Ⅰ
    臨床実習 客観的臨床能力演習
    臨床実習Ⅱ
  • 3年
    • 校外学習(バリアフリー展)(4月)
    • ソフトボール大会(5月)
    • オープンキャンパス(8月)
    • 他校との国家試験対策合同模擬試験(12月)
    • 理学療法士国家試験(2月)
    • 合同卒業式(3月)
    • 合同祝賀会(3月)

    学びのステップ

    各分野のスペシャリストを講師に招き、理学療法治療学を集中的に教授する。 16週間の臨床実習では、専任教員が頻繁に実習施設に訪問し、学習を支援する。
    国家試験対策では、過去10年の傾向と対策を分析し、グループ学習を中心に学習しています。
    また、グループ同士での検討会も行いながら、クラス全体が一つにまとまり、全員合格を目指しています。

    3年次 カリキュラム

    専門基礎分野 保健医療福祉とリハビリテーションの理念 リハビリテーションチームと多職種連携
    専門分野 基礎理学療法学 病態運動学Ⅱ
    理学療法管理学 理学療法管理学Ⅱ
    理学療法治療学 理学療法治療学特論Ⅰ・Ⅱ
    理学療法総合Ⅰ・Ⅱ・演習
    地域理学療法学 生活環境学Ⅱ
    地域理学療法学Ⅱ
    臨床実習 臨床実習Ⅲ
ソフトボール大会 ソフトボール大会
3年次 国家試験までの道のり
入学式 入学式

News & Topics

▲TOP