清恵会医療専門学院・清恵会第二医療専門学院は堺市にある看護学科、理学療法士科、放射線技師科の医療専門学校です

清恵会医療専門学院

清恵会医療専門学院

お問い合わせ

在校生の声

第1看護学科
金丸 舞さん  

少人数制での充実した学習環境と、アットホームな雰囲気に魅力を感じ、本学院を志望校の1つに絞り、受験勉強に励みました。

第1看護学科 在校生写真

私は、高校3年生の頃に親からの勧めがきっかけで看護師を志すこととなりました。本学院のオープンキャンパスに何度も足を運び、少人数制での充実した学習環境と、アットホームな雰囲気に魅力を感じ、本学院を志望校の1つに絞り、受験勉強に励みました。

 本学院では、何事にもビジョン(願い)をもち、それに向かって何をしていくかというゴール(目標)を掲げ、根拠をもち行動していくという「ビジョンゴール」という思考や、行ったことを振り返り、次にどう生かすかというリクレクティブサイクルなど、看護師に必要な思考を身に付けることができます。

 また学校生活では、先輩・後輩間の繋がりも深く、交流する機会が多々あります。先輩から看護技術の指導を受ける「チュートリアル教育」や、先輩が実習で培ってきた経験をもとに患者役となり、後輩の現場での実践力を向上させる目的に「OSCE(客観的臨床能力技術試験)」を行っています。

 入学してから1年が経ちますが、様々な経験をとおし、自分の中での成長を大きく感じています。看護師という職業は人の人生に携わる尊い職業です。今では、看護師を志すうえで強い責任感と誇りを感じています。

 私は、自分にしかできない看護ができる唯一無二の存在である看護師になりたいと考えます。また、患者様だけでなく、自分の周りの大切な人の心と体の健康を守ることができるよう、努力していきたいです。

 皆さんも、素敵な看護師になるために、私たちと共に学んでいきましょう。

第2看護学科
西岡 祐生さん  

「あなたがいてくれて良かった」と思って頂ける看護師を目指しています

准看護学科 在校生写真

私が、看護師を志すようになったのは、高校在学中に母が倒れ膠原病という病気の診断を受けた時です。まだ治療法が確立されていないこの病と、これからの人生一生付き合っていかなければならなくなってしまった母を見て、ふと自分の人生を振り返った時に迷惑ばかりかけていた自分を恥じ、母の子として誇りに思って欲しい、恩返しがしたいと強く思った事がきっかけでした。

そして選んだのがこの看護師という職業でした。

小学校1年生の息子がいる私にとって子育てと仕事と学校生活は想像を絶するような忙しさですが、同じ志を持つ素敵な友達も沢山でき、また先生方もいつも気にかけて下さり、将来の目標に向かってとても充実した毎日を過ごしています。

実習では、実際に患者様に様々な援助をさせて頂き、その中で確かな知識と技術をもった状態で患者様の前に立ち、心のこもった看護をさせて頂くことがいかに大切であるかを、全身をもって勉強させていただいています。

誰からも必要とされるような、「あなたがいてくれて良かった」と思って頂ける看護師を目指して、これからも日々邁進していきたいと思います。

理学療法士科
奥村 和紀さん  

少人数制の為、クラスの仲が良くみんなで支え合って学ぶことができます

理学療法士科 在校生私は、父の事故、その後のリハビリテーションを通して理学療法士という職業を初めて知りました。日々のリハビリによって少しずつ回復していく父の姿を傍で見ていて、理学療法士という職業に興味を持つのと同時に憧れるようにもなり、将来私も理学療法士になりたいと強く思いました。
そこで私は色々な学校のオープンキャンパスに参加させていただきましたが、本学院は、南海高野線・JR阪和線「三国ヶ丘」駅から徒歩3分と交通アクセスが良く、また少人数制の為、クラスの仲が良くみんなで支え合って学ぶことができます。加えて先生方は、一人ひとりの個性を理解した上でご指導していただけるので、質問や相談がしやすい環境が整っており、本学院で学ぶことを決心しました。

理学療法士という職業に少しでも興味・関心がある方は、是非オープンキャンパスに参加してください。学生一同お待ちしております!!

放射線技師科
北野久志さん  

先生方が経験された実臨床のお話から、夢を叶えたいという気持ちが一層強くなります。

放射線技師科 在校生私は高校3年生の時に知人の診療放射線技師の方にお仕事の話を聞かせて頂く機会があり、病院で働くことに興味を持ち始めました。知人が清恵会第二医療専門学院のご卒業という事もあり、まずはオープンキャンパスに参加してアットホームな雰囲気と先生方の人柄に触れ、受験を決めました。

先生方の多くは臨床経験が豊富で、教科書だけでは学べない病院でご活躍されていた当時の経験談や臨床現場で必要な知識や技術を教えて下さいます。先生方のお話を聞かせて頂く事によって、『医療とは』『病院とは』『診療放射線技師の役割とは』など自問自答するきっかけになり、夢を叶えたいと思う気持ちも一層強くなりました。
また、一クラス30名と少人数ですので、クラスの雰囲気は非常に良く、一人ではなかなか理解し難い難解な科目も協力し合う事でスムーズにクリアする事が出来ました。同期の皆全員で目標を達成したいと思える学校の雰囲気が自分自身を成長させてくれたと感じています。

清恵会第二医療専門学院では国家資格を取得して臨床現場で従事するまでに、医療人としての芽生えのきっかけをたくさん与えてくれます。これから診療放射線技師を目指そうと思われている方は、オープンキャンパスや学校見学会に参加してまずは教員の先生方や在校生の方々とお話してみませんか。

▲TOP