清恵会医療専門学院・清恵会第二医療専門学院は堺市にある看護学科、理学療法士科、放射線技師科の医療専門学校です

清恵会医療専門学院

清恵会医療専門学院

お問い合わせ

卒業生の声

第1看護学科
卒業
城島 悠人さん   勤務先:ICU所属/職種:看護師

「ちゃんとしておけば…」と後悔のないように全力で頑張って下さい

第1看護学科 卒業生写真

今の仕事について

私は、ICUに所属しています。ICUの特徴としては様々な疾患が重なり重症となっている患者様が主に入院されています。
重症であるため看護師1人に対し受け持ち患者数は1~3人と一般病棟に比べ少ないですが、その分頻回なバイタルサインや観察、経過の中で変化がないかが重要となっています。
そのため「報・連・相」は必須であり、なんでもチームで共有しています。
また対応が難しい患者様や分からないことがあれば、その度チーム内で話し合いを行い、多くの意見の中で患者様にあった解決策を日々考えています。
ICUという特殊な環境でありますが、様々な疾患の患者様が入院されるのでたくさんの学ぶ機会がありとてもやりがいのある仕事です。

仕事を始めて

実習中は患者様と一対一で接していたため看護師というものを漠然としか捉えていませんでしたが、看護師となり自分の判断で患者様に良い影響も悪い影響も与えてしまう為、「責任」を感じています。その為「まぁいいか」と曖昧な判断はせず分からないことはしっかりと受け止めチームに相談し判断した上で、今後どうすれば良くなるのかを振り返り日々勉強し学んでいます。

学生の頃

学生の頃は一対一で患者様と関わらせていただいていましたが、患者様の情報収集に基づき必要な援助が考えられず沢山の指導が入り嫌になることもありました。でもそこで諦めず、自分で精一杯考えた上で患者様と関わってリハビリに意欲的ではなかった患者様が自分からリハビリを頑張るようになった時はとても嬉しく思いました。もちろん自分一人の力ではありませんが患者様を知る、一生懸命関わる必要性を学ぶことができました。

後輩へのメッセージ

学生の間は、レポートや座学、記録など沢山乗り越えることがあり、やる気が出ず投げ出したくなりこともあると思いますが、後々「ちゃんとしておけば・・・」と後悔してしまうので悔いのないように全力で頑張って下さい。
また困ったり悩んでいることがあれば、先生や友達に相談してみることでスッキリしたり解決できたりすることもあるので、一人で抱えこまずに話してみるのもいい事だと思います。

お気に入り

体を動かしたり、犬と遊ぶ。
ラーメン巡りもよくしています。

准看護学科
卒業
宇治部 彩さん   勤務先:産科病棟所属/職種:看護師

疑問に思うことから看護の必要性や知識を深めることができると感じています

准看護学科 卒業生写真

今の仕事について

私は、助産師を目指しており、産科病棟への配属を希望しました。今はまだ、産科が開設されたばかりで、出産に立ち会える機会が少なく、様々な疾患を持つ患者様の入院がほとんどです。色々な疾患に対応する知識が必要である為、日々学ばせてもらい、自分が成長できるところだと感じています。

仕事を始めて

私は、看護助手の頃から病棟に勤務しています。資格を取ってから、命を預かることの責任感の重さを痛感しながら働いています。現在、第2看護学科に通いながら夜勤もあり、学校と仕事の両立は正直大変です。
しかし、患者様から「ありがとう、あなたの顔を見ると安心する。」と言われると、とてもやりがいを感じ、疲れや辛いことも忘れられる瞬間でもあり、この仕事を選んで良かったと思います。疑問に感じたことはすぐ調べ、向上心を持ち、初心の気持ちを忘れずに頑張っていこうと思います。

後輩へのメッセージ

実習の時に「なぜ?」と根拠を考えるよう教わりましたが、現場で働くようになり、その大切さがとても分かるようになりました。興味を持ち、疑問に思うことから看護の必要性や知識を深めることができると感じています。
学校と仕事の両立は大変ですが、同じ目標を持つ仲間と共に、互いに励まし合い支え合い、声をかけ合いながら乗り越えていって下さい

お気に入り

キャラ弁作りやケーキ作りが好きで、作っている時は夢中になっている自分がいます。

理学療法士科
卒業
酒井 悠理子さん   職種:理学療法士

学生時代以上に、日々スキルアップしなくてはと痛感しています

理学療法士科 卒業生写真

今の仕事について

理学療法士とは、病気やケガ等で動きにくくなった患者様に対して、立ち上がる、歩く等の基本的な動作の回復を目的に理学療法を行います。
また他の職種に比べて患者様と1対1で接する時間が長いのも特徴の一つです。働き始め、様々な患者様と接する機会が増えました。同じ年齢・性別、同じ病気やケガでも、患者様一人一人が違う訴えや希望を持っています。私は患者様一人一人の声に耳を傾け、その人らしい生活が送れるように支援出来ることが理学療法士としての一番のやりがいだと感じています。

仕事を始めて

学生時代は実習の中で何人か患者様を担当することがありました。実習指導の先生が常に横で指導してくれる環境だったので安心して患者様をみることができました。しかし、正直どこか指導者の先生に甘えていた部分があったように思います。
働き始めてからは学生ではなく理学療法士として患者様を担当させて頂き、実習とは比べものにならない大きな責任感があります。一人一人の「その人らしさ」を実現するために学生時代以上に日々勉強、日々スキルアップしなくてはと痛感しています。
また大きくなったのは責任感だけではなく、患者様と一緒に共感できることも多くなりました。特に出来なかったことが出来るようになったとき、患者様が嬉しそうな顔をしたとき、私も自分のことのように嬉しくなり、一緒に喜びを共感することが出来るようになりました。

後輩へのメッセージ

専門学校での3年間はそれまでの中学校や高校との3年間に比べると、実習や国家試験など大変な3年間でした。ですが、一緒に3年間頑張ってきた仲間や、熱心に指導して下さる先生方のおかげで、勉強だけではない様々なことを学び、得られるものも多く、成長出来たと感じています。
少人数制なので、同期は私が辛いとき励ましてくれ、時にはきちんと怒ってくれます。先生方は一人一人の出来るところ・出来ないところをちゃんと理解してくれて、私に足りない知識・技術、また考え方や違った視点などを指導してくれました。
学生生活の中では、苦しくて逃げ出したい時が何度もあると思います。でも、逃げずに踏ん張ってみると、その経験がこれからの自分の自信や次のことにチャレンジ出来る気持ちに繋がっていくと思います。

放射線技師科
卒業
溝端 茉那美さん   職種:診療放射線技師

技術も大事ですが、患者さんとの会話が大事だと気づきました

放射線技師科 卒業生社写真

今の仕事について

診療放射線技師の仕事は、医師の指示の下で放射線を用いて検査や治療を行うことです。X線撮影や、CT、MRIなどの多くの機械を操作して撮影を行っています。撮影時は、患者さんの負担を少なくするために試行錯誤し、患者さんとコミュニケーションを取ることが大事だと思います。マンモグラフィの撮影では女性という視点を存分に活かし業務を行うことができます。

仕事を始めて

放射線技師としての技術もそうですが、患者さんとのコミュニケーションをとることが大事だと思いました。短い検査時間ですが、その中でも患者さんと会話することが大事だと気づきました。あいさつや怪我の場所を聞いたり、患者さんと会話して気づくことも多々あります。
また、職場の先輩方は勉強熱心な方が多く、良い刺激を受けることが多いです。技師になってからも勉強を継続していくことは大事だと感じました。

後輩へのメッセージ

学校の三年間は、勉強に実習、国家試験と忙しくあっという間に三年間が終わっていました。後悔のないように勉強をし、辛いことや悩みがあるときは、仲間や先生に相談をして乗り越えていってください。
放射線技師の仕事で、「スイッチ押してるだけ」という印象が強いのですが、実際はそんなことはありません。人体の解剖を理解していないと撮影ができないし、患者さんによっても撮影の仕方が違ったりします。学校を卒業してからも日々勉強ですが、放射線技師は、とてもやりがいのある仕事だと私は思っています。

お気に入り

仕事が休みの日には、リフレッシュするためにライブによく行ったりします。好きな音楽を、聴いたりすると心も癒されるので私にとって大事な時間です。

▲TOP